間瀬建設はアンダーピニング工法の専門技術集団として、快適な都市づくりのために一層の貢献を果たして参りたいと考えております。

ジャッキアップ工法

信頼の技術で建築物を鮮やかに再生します。

地震など災害による不同沈下、軟弱地盤が原因の地盤沈下で、傾斜、沈下した建物の修復。また河川改修や鉄道工事の際の橋梁の嵩上げ工事など、建物の水平を復元したり、必要な垂直移動を実現するジャッキアップ(嵩上げ)工法に、アンダーピニング技術が活かされています。

建物ジャッキアップ工法の種別

 鋼管杭圧入工法  jackkouhou01 基礎下に鋼管杭を打ち込み、基礎補強を行い、これを反力に修復をします。再沈下を防止する工法です。
 耐圧版工法  jackkouhou02 基礎下にコンクリート版(耐圧版)を打設し、これを反力に修復します。
 サンドル工法  jackkouhou03 プレハブ及び鉄骨系住宅などに採用する場合が多く、地盤を反力に修復する工法です。
 上屋修正工法  jackkouhou04 木造軸組在来工法による建物に採用する場合が多く、地盤が安定していることが前提条件となります。
 根搦工法  jackkouhou05 大規模鉄骨造建物(工場・倉庫等)に採用する場合が多く、上屋修正工法と同様に地盤が安定していることが前提条件です。

 

 

PAGETOP
Copyright © Mase Construction Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.